ポプラ社会保険労務士事務所の経営理念

経営理念イメージ1.社会保険労務士は、サービス業
お客様である経営者の目線に立って、お客様が「必要としていること」を真剣に考えます。
お客様の要望にこたえ、期待を超え続けるために、家族や大切な仲間と接する以上の気持ちをこめて、法律家としての最善のサービスを提供します。
「お客様のために」と自分の視点で考え、サービスを押し付けるようなことはしません。自分がお客様である経営者の立場だったら、どう感じるかを、常に考えてます。
「先生」意識しか持たず、しゃくし定規の法律や理論を押し付けるような自分本位の法律家ではありません。もちろん、社会保険労務士としての客観的な立場から、ビシッと意見を言うこともあります。お客様にピッタリの現実的な対処法を提案し、お客様のための正直な応対を致します。

2.判断基準は、良心
どんな状況でも自らの良心に問いかけます。お客様のためにという信念を持って、自らの良心を羅針盤にして行動します。

3.諦めない前向きさ
逆境にあっても、しっかりと前を見据えて一歩ずつ進みます。持ち前の前向きさでお客様と共に困難な問題に立ち向かい、一緒に戦います。人に関することは、法律や専門知識だけで簡単に答えの出ない問題も多いんです。そんな時は、社長の知恵をお借りして、一緒に考えて、考え抜いて、社会保険労務士として、会社の経営をよい方向に導くための結果を出すのが、本物のプロだと思っています。

4.YESマンではありません
専門家としては当然ですが、YESマンにはなりません。経営者の意見にいつでも「そうですね」「そう思います」と相槌を打つだけの人間なら、お金を払う価値はないと思ってます。
専門家の視点から、また一人の経営者として、社長の考えに一石を投じる人間でありたい。例えば、私のひとことで悩んでいた社長の発想が広がり、新たな道筋が見えるようなサポートをします。

ポプラ社会保険労務士事務所
所長 大橋育也

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム