Q9:茶髪やアクセサリーの着用を禁止している場合、違反する社員を処分できるか?

A:△ 実際の作業や顧客サービスに影響する場合は、禁止できます。茶髪やひげなどは本人の人格に結び付いたものなので、理由なく禁止することはできません。職場秩序の維持という根拠だけ強制的に禁止にすることも難しいです。飲食店の場合、顧客サービスに影響する可能性があるので、禁止することに合理性があると考えます。

和のコンセプトを大切にし、着物を着用し接客するような飲食店は、茶髪では勤められないでしょう。また、調理担当の場合は、衛生面から指輪や時計を外すように指導するのは当然のことです。このような違反に対し、処分を科すことは問題ありません。しかし、ただ単に茶髪だからといって、懲戒処分を科すことはできないでしょう。

疑問は解決しましたか?わからないことがあれば、何でも聞いてください!
飲食店トラブルQ&Aのもくじ(一覧)へ
【飲食店専門の戦略的労務管理サイト】のTOPへ

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム