Q14:「会社都合退職にしてくれ」と退職者から言われたら拒否できるか?

A:○ ただし、退職に関しては、お互い感情的になりやすく、対応次第で致命的なトラブルになる可能性があります。自ら退職を申し出た者が、あとから退職事由を「会社都合に変えてほしい」と言ってくることがあります。結論から言いますと、事実に即して自己都合退職で処理をしているのであれば、退職者が言っていることが間違っているので、ほっておいてもかまいません。ただし、そういうことを言ってくる方は、解雇されたと言ってきたり、残業代請求など会社に要求してくる可能性があります。

それはそうと、なぜ、そんなことを言うかというと......
(1)失業手当を早くもらいたいから
(2)モメた結果、自己都合退職になったが、やっぱり納得いかない。

話すことができるなら「なぜ、会社都合にしてほしいのか」を本人への確認をしてください。

(1)の場合
会社都合にすると失業手当が早く、場合によっては金額も多く貰えるんです。会社が何もしていないのに自ら退職を申し出た方の場合は、丁重にお断りしてください。

(2)の場合
事実がどうであれ、一度モメた退職者が主張しだしたら、まず、相手の主張と要求は何かをしっかり確認してください。

退職勧奨や自己都合退職かどうかあいまいな場合は、当事務所にご相談ください。

疑問は解決しましたか?わからないことがあれば、何でも聞いてください!
飲食店トラブルQ&Aのもくじ(一覧)へ
【飲食店専門の戦略的労務管理サイト】のTOPへ

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム