【飲食店】社員退職金について ~お客様相談事例~

飲食店の社員の退職金について◆社長の想い
・今いる社員が定年になる20年後くらいにはある程度の退職金を出してあげたい。
・現在、退職金の制度は作っていないので制度化したい。

◆退職金制度
20年前くらいは社内積立ての退職金制度を充実させている中小企業も多かったんですが、今は、こういう時代なので、社内積立ての退職金制度を新たに設ける企業は減っています。退職金制度は作ったけど、お金はプールしていなかったり、別の財源に当ててしまったりして、実際に支払う際に大変なことになるというのはよくある話です。

今回の場合は、社内積立より、外部で積み立てるほうがよいと判断し、中小企業退職金共済制度(中退共)と民間の保険会社の任意保険を勧めました。このケースでは、社長に信頼できる保険会社の知り合いがいなかったので、信頼できる保険会社の方をご紹介し、中退共の制度と比べて、検討してもらいました。ちなみに中退共は次のようなデメリットもあるので、強くはお勧めしませんが。

◆中退共制度の特徴
中退共制度は、安全且つ簡便な中小企業向け退職金支払準備制度として国がやっているものですが、デメリットも多いので注意が必要です。

≪メリット≫
・仕組みが単純でわかりやすい。
・運用の責任がないため、積立不足を負担するリスクがない。
・個人単位で掛け金が設定できる。

≪デメリット≫
・企業規模で加入要件がある(中小企業のみ)。
・利回りが確定しているが、1%(利回りは当面上昇することが見込めない。法律で改訂されることあり)。
・掛け金は最低でも5,000円(最大30,000円)。
・1年以内での退職は掛け捨て。1年以上2年未満の場合は、掛け金を下回る。
・解雇でも退職金は支給される(懲戒解雇の場合に認定を受けて、減額も可能)。
・途中で脱退できない。

◆任意保険(生命保険)の特徴
退職金制度の積立方法として、中退共と並びよく利用されるのが生命保険。生命保険の種類は多岐にわたり、色々な商品があります。保険会社やプランによっても異なりますが、一般的には次のようなメリット・デメリットがあります。

≪メリット≫
・従業員に支払う退職金の額を自由に決定できる。
・掛け金変更や退職金以外の目的への転用など導入後の融通性が高い。

≪デメリット≫
・生命保険の場合、年齢、健康上の問題、病歴等により保険への加入が限定される。
・早期解約すると解約返戻金が元本割れする可能性がある。
・長期にわたり保険料を支払う必要があるため、定期的に資金が必要。
・予定利率、保険金等の変更等の他、保険会社が破たんすることがある。

中小企業退職金共済制度(中退共)
会社が毎月中小企業退職金共済に従業員ごとの掛け金を支払い、従業員が退職した際に、退職した従業員自身が中退共に退職金を請求して、退職金を受け取る制度です。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム