労働紛争対応型就業規則(飲食店専用)の違い

労働紛争対応型就業規則項目とポイント(4)最新法改正対応
最新法改正や社会情勢を反映しています。飲酒運転が社会問題になった時には、飲食店には特に厳罰化が求められたことから、飲酒運転の懲戒規定を追加しました。

(5)一般的なリスク回避規定
懲戒規定、退職や解雇、配置転換などの一般的なリスク回避の規定。一般的な就業規則のレベルには達しています。

(6)労働紛争対応型の独自規定
裁判例や実務経験をもとにした当社のノウハウが詰まった規定。労働紛争になったときも会社が毅然とした主張をするための規定です。

(7)御社独自の服務規定作成
会社独自の義務を明確化することで、労使トラブルを事前に防ぎます。ここが一番会社の意志が反映できる規定になります。

(8)就業規則対応書式集
就業規則に対応した数十種類の書式集(注意書、指導書、入社誓約書、労働契約書、労働契約合意解約書、 労使協定...)つきなので、すぐに実践的な労務管理が可能です。

(9)wordデータによる納品
ワードファイルで納品するので御社でカスタマイズ可能です。

(10)製本納品
会社保管用に製本して納品します。

(11)役所への届出
労働基準監督署への届け出を代行します。

(12)就業規則の説明会
従業員向けに就業規則の説明会を開催します(1時間程度)。

(13)従業員向けのハンドブック
従業員さん用に権利と義務がよくわかるようなハンドブックを作成します。

(14)経営者用・運用マニュアル
イザというときの運用方法を経営者向けにわかりやすくマニュアルにしてお渡しします。 間違った解釈や運用でトラブルが大きくなることを防ぎます。

(15)パートタイマー就業規則
パートタイマー用の就業規則を作成することで、正社員と別待遇であることを明確化します。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム