飲食業のモデル就業規則(ひながた)販売と就業規則作成のポイント


【飲食店】の就業規則のポイント
労働紛争対応型の飲食店専用モデル就業規則はコチラ

イメージ画像飲食店は、就業規則や労務管理に特別なノウハウが必要です。ある程度成功した場合の出店ペースが早い場合が多く、労務管理が飲食店の規模に追いつかないことが多いです。さらに人の出入りが激しいことや、お客様とのトラブルなど、細かいトラブルも多いので、問題が起こった後で、あわてて労務管理に力を入れる場合が多い業種でもあります。

就業規則を作成している飲食店は、非常に少ないですが、トラブルの多さから就業規則が必要な業種でもあります。また、しっかりした就業規則を作成することで、他店と差が付きますし、従業員の定着率やモチベーションがUPする効果が期待できる業種でもあります。

(1)残業代の規定
時給制のアルバイトには残業代を払っているが、店長には残業代を払っていない場合が非常に多いです。店長は管理者だから、払わなくていいだろうとお考えの経営者もいるでしょう。ところが、数年前に話題になったマクドナルドの名ばかり管理職問題でも有名になったように、ほとんどの飲食店の店長は管理監督者ではないとされ、店長にも残業代を払わなければならないことがほとんどです。社会保険労務士などの専門家に知恵を絞ってもらい、残業代の規定を工夫することで、しっかり対応する必要があります。

(2)衛生管理の規定
食品を扱うので衛生管理の規定を明確化する必要があります。また食品の取り扱いだけでなく、制服やエプロンのクリーニングをどうするか、クリーニング費用の負担をどうすべきかなどの細かい規定も必要でしょう。また、中坊スタッフだけでなくホールスタッフの髪型や化粧も服務規定に記載することもあります。

(3)アルバイト・パート用の就業規則
正社員は、特殊な業種なので、正社員向けの就業規則をそのまま使用すると、有給休暇も正社員並みに与えなければならなかったり、思ってもいない落とし穴が待っています。また、同様に懲戒規定なども正社員と、アルバイト・パートでは、適用するレベルが違うので、数人のために正社員の就業規則を作るくらいなら先に人数の多いアルバイト・パートの就業規則を検討したほうがよいくらいです。またアルバイト・パート用の就業規則を作成する際は、新たな制度を導入することを検討し、キャリアアップ助成金のなどの助成金の申請も視野に入れることが多いです。
飲食店専門パートアルバイトのモデル就業規則はコチラ

(4)ルールの明確化
人の入れ替わりが多いので、店舗内や社内のルールがあいまいになっていることが多く、多店舗展開している場合は店舗ごとにルールが異なったりすることが非常に多いです。ルールを整備し、明確化することで、各店舗の不公平感をなくしましょう。

(5)店長とオーナーの労務管理の意識
飲食店は、アルバイトやパートの雇用が多く、学生から主婦まで様々な従業員がいるので、トラブルも非常に多いです。トラブルの原因は、オーナー(経営者)と店長や店長とスタッフ間の意識のズレにあることがほとんどです。労務管理が得意でないオーナーが多く、店長も売り上げを上げることに精いっぱいで従業員に対して意識が向きにくいこともトラブルの原因になることがあります。

(6)外国人を雇う場合の規定
外国籍の人を雇う場合、在留カード(外国人登録証)や住民票を採用前に確認できる規定が必要でしょう。また、日本語が得意でない外国人がいる場合は就業規則を翻訳し、理解してもらう必要があります。

(7)門外不出の秘蔵レシピなどの情報管理
スタッフの出入りが多かったり、調理人の独立志向も強い飲食業。レシピやお店舗運営上、他店には知られたくないヒミツの情報管理も就業規則の重要な役割です。秘密保持の規定やレシピの社外持ち出し禁止の規定を作成してください。違反した場合の懲罰規定も定めておく必要があります。就業規則にあえて規定することで、抑止力を働かせるということです。

(8)食材の持ち帰りなどの内部不正への対応
飲食店スタッフの内部不正で多いのが、残った食材を持ち帰ったり、勝手に食べてしまったり、ということです。まかない食を自分で作って食べたりすることが当たり前だと、食材は、商品だあり店の資産だという認識が薄くなり、こういう内部不正が起こりやすいようです。こういう不正を放っておくと、やがて、金銭の横領の不正などの大きな不正にもつながってしまいます。この点についても服務規定や懲罰規定で厳格に定めるべきでしょう。

(9)義務の明確化
昨今は、義務を果たしていないにもかかわらず、有給休暇などの権利ばかり主張してくる従業員もいます。従業員には労働契約により、「業務命令に従い会社に協力する義務」、「職場内のルールや人間関係に気を配り働きやすい職場を作る義務」、「異動、昇格、降格等の人事権に従う義務」、「会社の利益を損害しない義務」、「働くための健康を維持する義務」などの義務を果たす必要があります。これらの義務を果たすことを就業規則に明記し、改めて、理解してもらう必要があるでしょう。


今まで無料で提供しておりました飲食店のモデル就業規則でしたが、飲食店の無料就業規則をダウンロードしていただいた方から就業規則についての問い合わせが非常に多く対応が難しくなってまいりました。
そこで、飲食店経営者の方に今まで以上に便利に使っていただくために、就業規則のひな形を販売という形でモデル就業規則を提供することにしました。

飲食店経営者の労務管理への不安を「安心」に変えるイメージ画像≪飲食店専用のモデル就業規則の特徴≫
こだわり1
全106条、全43ページのボリューム。飲食店の様々なリスクに対応可能。
こだわり2
固定残業手当、固定深夜手当などの社員の残業に対応した賃金規定、店長などの役職者は、深夜割増賃金を役職手当に含む規定、飲食店スタッフ用服務規律など、飲食店の問題を熟知した規定を整備。
こだわり3
運用マニュアルを兼ねた注釈つきの就業規則解説書をセットで提供
こだわり4
ライト顧問1か月付きなので、メールや電話での就業規則の相談が可能。もちろん、就業規則以外の相談にも対応いたします。
こだわり5
Word形式での納品なので、自由に編集も可能。

就業規則解説書の見本

※WORDファイルによる納品となります。ご入金確認後の翌営業日にEメールにて商品を送付します。お支払方法は、銀行振込とクレジットカード決済に対応しています。

【正社員用】飲食店専用のモデル就業規則

商品番号 商品名 料金 ご購入申し込み
A-001 【正社員用】飲食店専用のモデル就業規則 運用注釈付き 32,400円
A-002 【正社員用】飲食店専用のモデル就業規則 運用注釈なし 21,600円

【パート・アルバイト用】飲食店のモデル就業規則

商品番号 商品名 料金 ご購入申し込み
A-003 【パート・アルバイト用】飲食店のモデル就業規則 運用注釈付き 32,400円

ご注文の流れ

●クレジットカード決済の場合
クレジットカード決済完了後、ご登録いただいたメールアドレスに商品を送付します。

●銀行振込の場合
1.申し込み後、折り返し、振込先銀行口座をご案内致します。
 ※振込手数料はお客様のご負担となります。
2.入金確認後 ご登録いただいたメールアドレスに商品を送付します。

■お客様都合による返品(クーリングオフ)は、お受けできませんので予めご了承ください。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム