飲食店専用の労働紛争対応型就業規則とは?

労働紛争対応型の就業規則とは?
従業員が増え、店舗が増え、組織が大きくなっていくうえで必ずと言っていいほど起こってしまう従業員さんとのトラブルや様々な課題に対して、事前に手を打ち、いざという時に万全の対応をするための就業規則です。

労働紛争対応型の就業規則の5つのポイント1.実際に起こった労働紛争や裁判例にをもと作成しているので、労使トラブルに強い
2.従業員さんの権利と義務を明確にしているので、もめ事が悪化しにくい
3.急増するうつ病などでの休職、セクハラ・パワハラに関する規定にも対応しています。
4.就業規則に対応した数十種類の書式集(注意書、指導書、入社誓約書、労働契約書、労働契約合意解約書、労使協定...)つきなので、すぐに実践的な労務管理が可能。
5.イザというときの運用方法を経営者向けにわかりやすくマニュアルにしてお渡しします。間違った解釈や運用でトラブルが大きくなることを防ぎます。

実は・・・こんな相談が多いんです「毎月固定で5万円の社員の残業手当を払っている。今月は3万円分しか残業してないけど、どうにかならないの?」
「店長の賞与に残業代を含めることができないか?」
「休職中の社員スタッフの社会保険料を、会社が負担すべきか?」
始末書を提出しない従業員はどうすればよい?」
引継ぎしないで有給休暇を申請してきた従業員への対処方法は?」

このようなお悩みは、ポプラ社会保険労務士事務所がすべて解決します!!

御社の就業規則はどうなっていますか?こんな経営者の悩みを解消するためのすべてのノウハウが当事務所の労働紛争対応型就業規則に含まれています。実務の最前線のノウハウを詰め込んだ就業規則を、経営者の想いを汲んだ就業規則を一緒に作りましょう!!

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム