飲食店専門のモデル就業規則【無料・簡易版】をリリースします

飲食店専門のモデル就業規則がほしい方はコチラ

以下は2012年5月の記事です。
本当に腹が立ったできごとがありまして。飲食店専門のモデル就業規則を作成し、無料で提供することにしました。
今日、ある有名フードコンサルタントの方が執筆された、飲食店経営の書籍を購入しました。そのなかに、飲食店の就業規則のモデルが公開されていたんですが、これ、法違反連発の無茶苦茶なものでした。
例えば、
「お客様とのトラブルは、理由のいかんにかかわらず最高25%の減給」
「無届け退店者または雇用取り消し者への給与は、基本給のみの日割り計算にて支払われます」
「遅刻に関する事項 30分単位で時給の10割増の罰金が差し引かれます」
「早退の勤務時間が2分の1以上になる場合は、その日は欠勤扱いになります」

これは、明らかな労働基準法違反や懲戒権の乱用で、この本を参考にした飲食店経営者がこれを参考に就業規則を作成してしまったら、労働局から指導を受けることや、従業員から法違反で訴えられることは間違いないです。ほんとにひどい!!社労士としては、めちゃめちゃ腹が立ちますよ!!!

飲食店経営者の方が間違った就業規則を作成しないように、飲食店専門のモデル就業規則を作成し、無料で提供します!飲食店専門のモデル就業規則は、今月中には、リリースできます。

それで、さきほど、直接、そのフードコンサルタントの方にメールを送って回答を待っている状態です。

★後日談★
ついさきほど、その有名コンサルタントの方から直接お電話をいただきました。私が指摘した箇所に気付いてもらえたようで、該当の書籍は、すべて回収し焼却するということです。現在、そのコンサタントの方は、就業規則などの専門部分は社会保険労務士に依頼しており、該当部分は、チェックから漏れていたようで、今まで、誰の指摘もなかったそうです。

コンサルタントの方も、裸一貫からお客様のために必死にやってきたとおっしゃっていました。士業もコンサルタントもお客様の信用がなければやっていけない。まちがった指導やアドバイスで、大切なお客様の利益を害しては元も子もない。私自身も、身を引き締めて、やっていかなければと思います。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム