奥の手?社会保険に加入しない契約とは...

社会保険に加入しなくてもよい次の(1)(2)のような労働契約をうまく活用すれば、経費を抑えられます。また(3)は、会社自体が社会保険に加入しなくてよいんです。

(1)月の労働日数及び時間が正社員の4分の3未満の場合
(2)労働契約の期間が2ヶ月以内の場合
(3)個人事業の飲食店など(従業員が5人以上いてもOK)

→個人事業の飲食店は、社会保険の加入は自由!任意加入。ただし、労災・雇用保険は強制加入なんです。

※(1)(2)は、厳密にいうと加入しなくてもよいではなくて、加入できない(適用除外)んです。
※(3)は、要件を満たせば社会保険に加入することもできます。

(1)月の労働日数及び1日または一週間の労働時間が正社員の4分の3未満の場合 ★正社員が月20日・1日8時間労働の場合、どのような働き方が社会保険加入になるか

月の労働日数 1日の労働時間 加入・未加入
15日以上 6時間以上 加入
15日以上 6時間未満 加入できない
15日未満 6時間以上 加入できない
15日未満 6時間未満 加入できない

逆を言えば、社会保険に加入義務があるアルバイト・パートは、月15日以上と1日6時間以上の二つの条件を満たしているってことなんです。だから、パートさんは5時間勤務の人が多いんです。

(2)労働契約の期間が2ヶ月以内の場合 労働契約の期間が2ヶ月以内の場合、社会保険に入れません。この場合、正社員並みに働く予定でも、社会保険に加入できないんです。アルバイトを雇うときは、入社から2ヶ月間の契約にしてはどうでしょう?2ヶ月で、その人があなたの店に適しているかを考えられますし、アルバイトの方も自分が今後働きたいか考えることもできます。一石二鳥だと思います。ただし、社会保険に加入しなくてよいのは、最初の2ヶ月だけです。2ヶ月後、新たに1ヶ月の契約を結んでも、入社からカウントして3ヶ月なので、社会保険加入することになります。

社会保険とは?
健康保険と厚生年金のことをいいます。健康保険は、自分や家族の怪我や病気の治療費が三割負担でよくなったり、会社を休んだ場合の給料補償や出産した場合の祝い金の制度などがあります。厚生年金は、主に老後に貰える年金のことです。厚生年金に入ると国民年金保険料は払わなくてよくなります。なぜなら、厚生年金に入ると、国民年金にも加入していることになるからです。厚生年金に入り、要件を満たすことで、将来、国民年金と厚生年金の二つの年金が貰えることになります。


飲食店就業規則のポイントはコチラ
飲食店専用の雇用契約書についてはコチラ
飲食店専用のモデル雇用契約書がほしい方はコチラ

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム