接客力を強化したい飲食店オーナーへ

飲食店経営者のあなたは、どんな飲食店を経営していますか?
接客を強化して売上を伸ばそうとしている経営者の方も多いと思います。実は、接客を強化すべき飲食店と接客を強化しても売上が伸びない飲食店があるのです。

飲食店が売上を伸ばすのに必要なのは、「商品力」と「接客力」のふたつです。他にも店舗そのものや立地も重要でしょうが、設備投資以外で今ある店舗の売上を伸ばすために、できる努力は「商品力」と「接客力」の強化しかありません。「商品力」とは、料理の味・量・値段・提供スピード等のことで、「接客力」とは、お客様の望むサービスを提供する力のことです。誰もがこの二つの力を両方を伸ばさないと、売上はあがらないと思いがちです。

しかし、そうではありません。飲食店の業態によって、どちらを強化すべきか、異なります。

例えば、居酒屋なら「接客力」を強化すべきですし、ラーメン屋は、「接客力」は二の次で、「商品力」を強化すべきです。それは、居酒屋は、「ひと(店員)」にお客様がつきますが、ラーメン屋は「商品(ラーメン)」にお客様がつくからです。あなたがラーメン屋を選ぶときは、「こってりした豚骨ラーメンが食べたい」「昔ながらの醤油ラーメンが食べたい」と考え、ラーメン屋を選ぶでしょう。ラーメンそのものの味や値段で店舗を選ぶはず です。接客がいいからあそこのラーメン屋にしようとは、ほとんど思わないでしょう。

では、居酒屋はどうでしょう?居酒屋へ行く人の多くは「お酒を呑んで楽しみたい」「いい気分になりたい」「嫌なことを忘れたい」なんて思っているはずです。ラーメンが食を楽しむ場所ならば、居酒屋は、お酒を楽しむ場所です。お酒を楽しむには、お酒と食事以外の外的要素も必要でしょう。店の雰囲気であったり、店員の接客であったりします。

ある程度の「商品力」は必要でしょうが、料理の種類も味も値段も変わりないような店が多いこともあり、「あの店主がいるからあの店に行こう」「あの店員さんと話したいからあの居酒屋にしよう」と思うことが多いのではないでしょうか?ラーメン屋は、「商品力」だけでもお客様が呼べます。居酒屋は、「接客力」の強化が売り上げに直結する業態です。

スタッフの接客教育に力を入れて売上をあげられる業態の飲食店ほど、接客に力をいれるべきなのです。差別化の観点で考えれば、接客力が抜群のラーメン屋もありだとは思いますが...。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
愛知・東京・大阪、その他東海圏、関東圏、関西圏

連絡先 お問合せフォーム